市街地から見える山の崩落
 LEDの影響


長野市内の国道を進むと正面に山が見える。4ヶ所崩落している。



進んで行く。













川に辿り着いた。
かなり山が崩落している。


真ん中辺り、コンクリートの擁壁があるが、それを超えてさらに崩れてきている。


山の中腹辺り、倒れた木(枯れ木)が見える。



下流を見ると小さいダムのようなものが見えた。
竹(左側)が枯れたり、倒れている。



ところどころ黒ずみやコンクリートの溶け出しが見られた。









写真を撮った場所にあった、車のタイヤ止め用の枕木。
釘が錆び、枕木が割れてしまっている。


車などのLEDライト(ランプ)はビームのように遠くまで届く。

LEDライトによる影響と、雨水がLED化したことにより山の崩落が起き、
それが広がっている。川の水も変異していると思われる。
とりかえしのつかないことになる前にLEDの使用はやめなければならない。
(2017年9月9、16日撮影)

ゼロ感性(全国のLED映像)

LEDのこと